当院では、貼り薬や飲み薬での治療や物理療法だけでなく、理学療法⼠による個別リハビリを提供しております。

動きを変えるリハビリテーション

痛みや障害のある部位はもちろんのこと、原因となる要素を特定していくことで、再発予防につなげます。つまり、痛みが出る前よりも「動ける」⾝体づくりを⽬指していきます。

主な治療手段

徒⼿療法

理学療法⼠が⼿を⽤いて、関節の動きの改善や痛みの軽減を⽬的とした治療⽅法

運動療法

運動(全⾝運動や部分的に動かす)を⽤いて疾病の痛みや障害を改善・予防する

物理療法

電気や温熱といった物理的な刺激を⽤いて、痛みの軽減を図る⽅法

外来での疾患別リハビリテーション

予約制となります。⼀回の治療に20分〜40分時間を頂きます。
個別にリハビリの計画書を作成し、進⾏状況を定期的に確認していきます。
様々な道具や⼿段を⽤いて、個⼈の状態に合わせた治療プログラムを提供します。
対象:外傷、骨折治療後、慢性疼痛(頸、肩、腰など)、変性疾患、高齢者、他院術後

ストレッチポール
バランスボール
傾斜台
バランスクッション

開始の流れ

医師の診察を受ける

STEP
1

医師の判断により運動療法の処⽅箋が発⾏される

セラピストが空いている場合、20〜40分ほど時間を頂いて介⼊

その⽇の都合が悪いまたは予約が空いていない場合、次回来れる⽇を予約

STEP
2

その⽇のリハビリが終わるときに次回の予約をとる

STEP
3

注意点

  • 接⾻、整体とは違い、マッサージのみの提供は実施していません。機能訓練や可動域訓練の⼀環として、患部の動きを良くする為に⾏う場合はあります。
  • 個別に⾏う運動療法は、医師からの処⽅箋が出ることによって⾏う治療⽅法となります。その為、処⽅箋の期限があり、当院での期限は150⽇までとなります。
  • 急な⽤事や、体調不良により、予約をキャンセルされる場合は、当院受付までお電話にてご連絡ください。
  • 来院時の服装は、動きやすい服装をおすすめしています。(スカートはご遠慮願います)

通所リハビリテーション

短時間(1時間30分)での通所リハビリテーションを提供しています。
1⽇最⼤4名までの少⼈数で⾏うことで体の状態に合わせた適切な運動指導をおこないます。ご⾃宅でできる体操をお伝えして、ご⾃⾝で⾝体を動かせるようにしていきます。
ご⾃⾝で⾝体を動かしていただくことにより、⾃⾝の健康管理、⾃⽴した⽣活の維持、機能改善による⾃⽴度の向上を提案します。

対象:介護認定を受けた要⽀援・要介護※の方

※必要な介助量によって、ご利⽤を検討させていただく場合があります  例)送迎⾞の乗降、トイレ、歩⾏など

利⽤時間・サービス内容

14:15〜14:30

病院到着。バイタルサインの確認

14:30〜14:35

集団での準備体操

14:40〜15:50

セラピストとのリハビリもしくは⾃主練習※

※セラピストの評価に基づく⾃主練習を提案しています

16:00

終了。送迎。

提供日

[     ⽉     ⽕     ⽔     ⾦     ]の14︓30〜16︓00  
原則、診療所の診療時間に基づく

××
空き情報

※最新の空き情報は、お問い合わせください。

利用開始までの流れ

ケアマネージャーからの問い合わせ

ご利⽤を希望の⽅は担当のケアマネージャーにご相談ください

STEP
1

⾒学、⾯談、当院利⽤が初めての場合診察

⾒学は、事前に⽇程調整を⾏わせていただきます。⾯談は、理学療法⼠と⾏います。

STEP
2

担当者会議、契約

⾯談、診察後に当院にて利⽤の可否を判定致します。利⽤の際には改めて担当者会議、契約の⽇程調整を⾏います。

STEP
3

利⽤開始

契約時に利⽤開始⽇を決定します。

STEP
4